ビジネスで第一印象を決める英語の自己紹介!明日使えるフレーズをご紹介

ビジネスで使える英語の自己紹介!第一印象を決めるフレーズをご紹介のサムネイル画像
  • URLをコピーしました!

自己紹介はビジネスの相手に対し、第一印象を決める重要な役割があります。
良い印象は仕事を進めやすくするだけでなく、より大きなビジネスチャンスを生み出します。

それにもかかわらず

  • 自分の名前を伝えるだけで終わってしまう…
  • 相手に興味を示す質問ができない…
  • 会話が弾まずに気まずい沈黙が続いてしまう…

このような経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回は第一印象をよくする自己紹介を、現役英語コーチの筆者が次の点について解説をします。

この記事でわかること
  • ビジネスの自己紹介で使えるフレーズ
  • 日本と海外との自己紹介の違い
  • 第一印象をよくする自己紹介が学べる英会話スクール

✓この記事の筆者と信頼性

Taro


✓大手英語コーチングスクールのコーチとして在職中
✓メディアライター

留学経験、英語コーチングスクールのコーチとしての経験に基づき英語学習の情報発信をしています。>>>執筆者リスト

もくじ
今だけ!お得キャンペーン!

通常、10日間の無料体験がついているKiminiオンライン英会話が今だけ、なんと『30日間の無料体験』に延長になっています!

Kiminiオンライン英会話は大手「学研」が運営するオンライン英会話サービスですので、安心して利用できます。

このサイトを来ていただいているということは、英会話にご興味のある方だと思います。

英語学習のアウトプットに試してみてはいかがでしょうか?

1ヶ月分丸々無料ですので、お試しには最適ですね。

4/22までのキャンペーンですので、お早めに!

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

第一印象が決まる自己紹介のフレーズ

まずは明日からすぐに使える自己紹介のフレーズをご紹介します。

自己紹介のフレーズ
  • 相手との距離を縮める「挨拶」
  • 相手に覚えてもらう「名前の紹介」
  • 興味を持たれる「業務の紹介」
  • いい印象を与える「上司や部下の紹介」

相手との距離を縮める「挨拶」

最初の挨拶は、第一声で相手との距離を縮めます。

”Hello Mr.Smith. (It’s) nice to meet you.” または “(I’m) glad to see you”
(スミスさん、こんにちは。お会いできてうれしいです。)

ポイントは次の通りです。

  • 相手の名前を把握している場合は、必ず呼ぶ
  • 丁寧に挨拶する場合は、”It’s”や”I’m”は略さない
  • ”Hi”や”Hello”だけで終わらず”nice to meet you”などを添える

相手に覚えてもらう「名前の紹介」

自分の名前を覚えてもらうフレーズをご紹介します。

”I’m Shinji Takahashi. Please call me Shin.” または “You can call me Shin”
(私はタカハシ シンジです。シンと呼んでください)

ポイントは以下の通りです。

  • 自分の名前はゆっくり、はっきり伝える
  • 覚えやすいニックネームも添える
  • 丁寧に伝える際は”My name is ~~”を使う

興味を持たれる「業務の紹介」

あなたの業務は、ビジネスの相手が最も興味を持つポイントです。
次のポイントを端的に伝えましょう。

  • あなたが何をしている人なのか
  • 会社でどのようななのか
  • どのような経験があるのか

具体的な例として次のようなものがあります。

”I am the sales manager at Yamato Company and I’ve been working in this role for over 3 years.”
(私はヤマト社の営業部長で、3年以上この仕事をしています。)

”I am a member of the accounting department. Prior to this company, I was with a start-up company”
(私は経理部のメンバーで、前職はスタートアップの会社に勤めていました。)

いい印象を与える「上司や部下の紹介」

最後に、打ち合わせに同席している上司や部下を紹介する際のフレーズをご紹介します。

上司の紹介:“I would like to introduce my boss, Ms.Tanaka.”
(私の上司の田中さんを紹介させて下さい。)

部下の紹介:“This is Yamada-san and he is my colleague.”
(私の部下の山田さんです。)

ポイントは以下の通りです。

  • 上司・部下を表す言葉を正しく使う
    • 上司:boss, supervisor, manager など
    • 部下:member, colleague, coworker など
  • subordinate(部下)は相手を見下す表現ととらえられるため、”同僚”の意味の言葉が適切
おすすめ!
berlitz

ベルリッツのレッスンを無料で体験してみませんか!

大手ベルリッツなら、教室でもオンラインでもどちらでもレッスンを受講できます。

  • オリコン顧客満足度R調査 英会話スクール ビジネス英会話部門 3年連続 No.1
  • 顧客満足度 98.5%
  • 導入実績のある法人顧客数 国内5,500社以上、世界20,000社以上

このサイトを来ていただいているということは、英会話にご興味のある方だと思います。

英語学習のアウトプットに試してみてはいかがでしょうか?!

日本での自己紹介との違い

日本での自己紹介のマナーが、海外では”非常識”と思われることもあります。
ここでは、日本と海外との自己紹介の違いを3点ご紹介します。

日本人同時での自己紹介の違い
  • 名刺は最後に交換する
  • 相手の目を見て笑顔で握手をする
  • 自己紹介後にスモールトークをする

それぞれ簡単にご解説します。

名刺は最後に交換する

日本と海外では名刺交換の方法が大きく異なります。

日本では当たり前の名刺交換も、海外では”必要に応じて最後に交換”します。
名刺は「連絡先が書かれた紙」なので、初対面でもすでに連絡先を知っている場合、わざわざ交換しません。

相手の名刺が必要な場合は

”May I have your business card, Jason?”
(ジェイソンさん、あなたの名刺を貰えますか?)

と聞いてみましょう。

相手の目を見て笑顔で握手をする

海外では名刺交換の代わりに、最初に必ず握手をします。

このときに、

  • 相手の目を見て
  • 柔らかい表情で
  • 片手で

握手することがポイントです。

目をそらしたり両手を出したりする人もいますが、いずれも失礼です。
少しのコツを覚えて、相手にいい印象を与えましょう。

尚、握手の強さや長さは国によっても様々です。
全部を覚えるのは大変なので、相手と同じように握るのがポイントです。

国別の握手の例
  • アメリカ:力強く短い握手
  • イギリス:軽い握手
  • トルコ:柔らかく長い握手

自己紹介後にスモールトークをする

自己紹介が終わったらすぐに仕事の話に入るのではなく、スモールトークが重要です。
相手と距離が縮まり、本題をスムーズに進めやすくなります。

ただスモールトークといっても、英語ではなかなか難しいですよね…
その場合、まずは相手に興味を示して質問をすることをおすすめします。

”How long have you been with Sagawa Company?”
(サガワ社にはどのくらい勤めているのですか?)

”I love your tie, where did you get it?”
(素敵なネクタイですね、どこで買ったのですか?)

まずは簡単なトークから始めて、相手との良好な関係性を築きましょう。

筆者の失敗体験

実は筆者は自己紹介で海外との違いを知らず、失敗した経験があります。
アメリカで初対面のクライアントと名刺交換をしようとした際に、

  • 相手から呆れた表情をされた
  • 名刺を片手で受け取られた
  • 「持っていない」と相手の名刺が貰えなかった
  • 名刺を打ち合わせ中のメモとして使われた
  • 最後にポケットから出てきた名刺を渡された

このようなことがあり「失礼な人だ…」と感じてしまいました。

ただ前述の通り、これは失礼ではなくアメリカ人にとっては一般的な行動でした。
日本では名刺を自分の顔のように扱いますが、現地では単なる”連絡先が書かれたカード”です。

アメリカでは名刺を渡すのは、打ち合わせの”最後”に”必要な相手”に対してのみです。

海外でのビジネス文化の違いも知り、相手にいい第一印象を与えましょう。

ビジネスの自己紹介が身につく英会話スクール

最後に自己紹介が上達する英会話スクールをご紹介します。

自己紹介表現が身につく英会話スクール
  • Bizmates(ビズメイツ)
  • レアジョブ

筆者はコーチとして働いているため、コーチングスクールをおすすめすることも多くあります。
ただ

自己紹介の表現を身につけるならオンライン英会話が最適です。

適切なフレーズを覚えて、空いた時間に繰り返し練習ができるためです。

今回おすすめするスクールで、相手の興味をひく自己紹介を習得しましょう。

Bizmates

■公式サイトへ>>

おすすめポイントビジネス英語に特化したスクール
料金(一例)【スタンダード】
1日1回レッスン:月額13,200円
【学習動画見放題+レッスン】
1日1回レッスン:月額14,190円
レッスン回数1日1回~
受講可能時間5:00〜25:00
講師フィリピン人
教材ビジネス英会話
通信システム独自システム
無料体験レッスン1回
  • ビジネスに特化したスクールで学びたい

このように考える人に、Bizmatesがおすすめです。

  • ビジネス経験が豊富な講師陣
  • スモールトークの練習も可能な教材
  • 電話応対や海外出張など様々なシーンに対応

ビジネス英語を学ぶなら間違いがないスクールです。

\『Bizmates』の無料体験レッスンはこちら/

>>Bizmatesの口コミ・評判は?ビジネス特化で初心者も安心サポート!魅力を徹底解説

レアジョブ英会話

レアジョブ公式サイトトップ

【公式サイトへ】 

おすすめポイント豊富な自己紹介教材
料金(一例)【日常英会話コース】
月8回:4,980円
1日1回:7,980円
【ビジネス英会話コース】
1日1回:12,980円
レッスン回数月8回~
受講可能時間6:00~25:00
講師フィリピン人、日本人、ネイティブ
教材日常英会話、ビジネス英会話、中学生高校生コース
通信システム独自システム
無料体験レッスン2回
  • 自分のレベルと目的にあった教材で学びたい

このような人にはレアジョブが最適です。

  • レベル測定が毎月できるスピーキングテスト
  • レッスンで使う教材を相談できる日本人講師
  • すきま時間に予習や復習が気軽にできる機能

総合力が高く、かゆいところに手が届くサービスです。

\『レアジョブ』の無料体験はこちら/

>>【レアジョブ英会話の体験談】6ヶ月間レッスンを受けた正直な感想・口コミ

最後に

今回は第一印象をよくする自己紹介のフレーズと海外での自己紹介の違い、おすすめのスクールをご紹介しました。

自己紹介はフレーズを覚えて、スムーズに話せるまで練習することがポイントです。
一方で、名刺交換や握手などの文化の違いは実際に体験しない限り、なかなか気づけません。
実際の場面で驚かないように準備が重要です。

今回ご紹介したオンライン英会話では、フレーズだけでなく文化の違いも学べます。

ビジネスに自己紹介は欠かせません。
いい第一印象を与えられるよう、事前の疑似体験を重ねて相手の文化を理解しましょう。

どっちのスクールにしようか迷ってる…

このような人は、まずは無料体験がおすすめです。
実際のレッスンを受講して、あなたが「学びやすい!」と感じたほうを選べますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ