英検1級ってすごいの?レベルは?合格のためのおすすめの勉強法を徹底解説

英検1級ってすごいの?レベルは?合格のためのおすすめの勉強法を徹底解説のサムネイル画像
  • URLをコピーしました!

英検1級ってすごいの?どのくらいのレベル?
合格率や取得するメリットが知りたい。

英検1級に合格するための勉強法や、おすすめの参考書が知りたい。

英検1級の難易度が高いことは想像がつきますが、具体的にどのようなレベルなのか気になりますよね。

この記事では、英検1級のレベルや勉強法をついて紹介します。

  • スピーキングの練習相手がいないんだけど、どうしたらいい?
  • 英検1級を目指しているけど、独学で合格できるか不安

このような方のために、英検1級対策ができるオンライン英会話英語コーチングも紹介していきます。

この記事でわかること
  • 英検1級のレベル・合格率など
  • 分野別のおすすめ勉強法・参考書
  • 英検1級の対策ができるオンライン英会話・英語コーチング

✓この記事の筆者と信頼性

Moe

✓LA留学経験あり
✓TOEIC 910点
✓メディアライター

留学経験、英会話・TOEICの学習経験に基づき英語学習の情報発信をしています。>>>執筆者リスト

もくじ
今だけ!お得キャンペーン!

通常、10日間の無料体験がついているKiminiオンライン英会話が今だけ、なんと『30日間の無料体験』に延長になっています!

Kiminiオンライン英会話は大手「学研」が運営するオンライン英会話サービスですので、安心して利用できます。

このサイトを来ていただいているということは、英会話にご興味のある方だと思います。

英語学習のアウトプットに試してみてはいかがでしょうか?

1ヶ月分丸々無料ですので、お試しには最適ですね。

4/22までのキャンペーンですので、お早めに!

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

英検1級とは?日程や合格率などの基本情報

英検1級とは、どのような試験なのでしょうか?

まず、英検1級の日程や合格率など基本情報を解説していきます。

日程と合格率

英検1級の試験は年3回おこなわれます。

大まかな日程を以下の表にまとめましたが、詳しい日程は変わる可能性があるので確認が必要です。

一次試験二次試験
第1回5月後半~6月前半7月
第2回9月後半~10月前半11月
第3回1月半ば~1月後半2月

英検1級に合格するには70%程度の正答率が必要で、合格率は以下の通りです。

  • 一次試験:10%前後
  • 二次試験:66%前後

合格率から見ても、難易度の高い試験であることが分かります。

一次試験と二次試験の試験内容

一次試験では、リーディングやリスニング、ライティングのテストがおこなわれます。

一次試験に合格すると、二次試験の受験資格が得られて、スピーキングテストがおこなわれます。

科目出題内容
リーティング・短文や長文で適切な語句・文章を選ぶ問題
・長文読解
リスニング・会話やアナウンス、インタビューなどが流れ、内容や説明文に合う答えを選ぶ問題
ライティング・特定のトピックについての意見を論述
スピーキング・自由会話
・5つのテーマから1つ選択してスピーチ
・スピーチに関する質問に答える

学校や職場などの日常的なシーンから、ニュースや社会問題などのアカデミックな内容まで、幅広く出題されます

おすすめ!
berlitz

ベルリッツのレッスンを無料で体験してみませんか!

大手ベルリッツなら、教室でもオンラインでもどちらでもレッスンを受講できます。

  • オリコン顧客満足度R調査 英会話スクール ビジネス英会話部門 3年連続 No.1
  • 顧客満足度 98.5%
  • 導入実績のある法人顧客数 国内5,500社以上、世界20,000社以上

このサイトを来ていただいているということは、英会話にご興味のある方だと思います。

英語学習のアウトプットに試してみてはいかがでしょうか?!

英検1級のレベルとは?取得するメリットや合格に必要な勉強時間

「英検1級はすごい」と言われますが、実際、英検1級のレベルとはどのようなものなのでしょうか?

英検1級に合格すると、さまざまなメリットがあるので、あわせて解説していきます。

英検1級のレベルとすごさ

英検1級は「大学上級程度」のレベルになり、さまざまな場面において、英語を使い問題なくコミュニケーションが取れるレベルとされています。

英検1級の合格に必要な単語数は、10,000語~15,000語ほどで、アカデミックな話題も十分理解できるレベルです。

TOEIC900点の場合、10,000語以上なので、TOEIC900点を取るよりも難しいといえるでしょう。

TOEFLスコアだと90点〜99点に相当し、ハーバード大学(100点)やイェール大学(100点)、スタンフォード大学(100点)のような難関大学の出願条件に近いレベルです。

>>TOEIC900点以上取るための勉強法!おすすめ教材とポイントを徹底解説

取得するメリット

英検1級を取得すると、以下のようなメリットがあります。

  • 大学受験で優遇される
  • 大学の単位として認定されることがある
  • 通訳案内士試験で英語テストが免除される
  • 教員採用試験の英語加点または免除になる

大学入試で英検1級が使える大学には、以下のようなところがあります。

  • 国公立:一橋大学、広島大学など
  • 私立:早稲田大学、法政大学、関西外国語大学など

ほかにも『英語外部検定利用入試』を導入している大学は数多くあります。

別記事で詳しく解説していますので、ご興味があればチェックしてみてください。

また、推薦の面接では、一定以上の英語力がある証明に加えて、目標に向かって努力できるというアピールもできます。

高校生のうちに取得しておけば、大学受験で有利なことに加えて、大学に入ってからも単位が認定される可能性があります。

将来、通訳案内士や教員になりたい方にも、英検1級の取得はおすすめです。

そのほか、英検1級に合格すると大きな達成感を得られ、精神面でもメリットがあります

英検1級に合格するために必要な勉強時間

英検は、公式で公開されている勉強時間の目安がありません。

そのため、現在の英語力によって、必要な勉強時間が異なります

  • 準1級から目指す:しっかり英検1級用の対策をすれば、十分合格の可能性はある
  • 3級程度から目指す:時間はかかるが、積み上げていくことで合格する可能性がある

準1級をすでに取得している場合、英語の基礎は問題ありません。

準1級での単語や熟語を完璧にしつつ、1級用の勉強をすることで合格に近づくでしょう。

3級程度から目指す場合、いきなり1級の勉強を始めても、挫折する可能性があります。

そのため、準2級から順番に取得していくと、自信をつけながら勉強を続けられるでしょう。

英検1級に合格するための勉強法を徹底解説

英検1級の難易度はとても高く、十分な勉強時間と正しい対策が必要です。

英検1級に合格するための勉強法を、6つのポイントでまとめました。

  1. 語彙力がカギ!英検1級用の単語帳で対策
  2. 基本的に過去問で対策
  3. リーディング:新聞を取り入れて読解力をつける
  4. リスニング:聞きながらメモを取ることに慣れる
  5. ライティング:幅広いテーマに対応できるよう練習
  6. スピーキング:引き出しを増やしつつ話す習慣をつける

1つ1つ解説していきます。

語彙力がカギ!英検1級用の単語帳で対策

英検1級は難しい単語が多く登場し、単語の知識が問われる問題も難関となっています。

準1級と比べても、単語数が2倍近く増えていることが特徴です。

  • 準1級:約7,500〜9,000語
  • 1級:約12,000〜15,000語

そのため、語彙力を鍛えることが合格への近道になります。

1級用の単語帳を1冊決め、何度も繰り返し勉強して、定着させていくようにしましょう。

以下の写真は私の単語帳です。(準1級用ですが…)

こんな感じで何度も繰り返し勉強しましょう。

基本的に過去問で対策

英検1級は過去問を繰り返し解き、問題形式に慣れていきましょう。

過去問は問題集のほか、公式サイトでも最新試験の過去問が公開されているので、活用がおすすめです。

過去問を解くときは、

  • 筆記試験:100分
  • リスニング:約30分

このように、本番と同じ制限時間で取り組んでいきましょう。

本番と同じ制限時間にすることで、ペースを掴む練習になります。

リーディング:新聞を取り入れて読解力をつける

リーディングは過去問や問題集での演習に加え、新聞を取り入れて、読解力をつけることがおすすめです。

英検1級のリーディングは新聞記事や歴史、政治から出題されることが多くあります。

英字新聞を読むことで、英検1級で出題されやすいトピックに触れられますし、生きた英語も学べます。

The New York Times』や『Gurdian』など、興味のある新聞を読んでみましょう。

リーディングパートを攻略するには、精読(細かい所までよく注意して読むこと)が大切です。

わからない文章を見つけた場合、文法から文章の構造を分析し、正確に理解していきます。

分からなかった原因を特定していくことで、どんな文章も読めるようになっていきます。

リーディングのテクニックとして重要なのが、メリハリをつけて読むことです。

  • 問題に関係のある文章:じっくり正確に理解していく
  • 直接関係のない文章:ざっくり読みだいたいの意味をとらえる

このように読むことで、解答スピードを上げられます。

リスニング:聞きながらメモを取ることに慣れる

英検1級のリスニングは、英語を聞きながら必要な情報をメモすることに慣れましょう。

パート4では3分間のインタビューを聞き、問題に答えていきますが、メモを取る必要があります。

必要な情報を聞き逃さないようにするために、日ごろからメモを取りながら聞く練習をしましょう。

略語や記号を使うことで素早くメモができ、大切な部分を聞き逃すことがありません。

メモで使いやすい略語や記号は、以下の通りです。

  • 「increase / decrease」=「↑ / ↓」
  • 「For example」=「e.g」
  • 「with / without」=「w/ / w/o」

そのほかにも、さまざまな記号や略語があるので、自分がわかりやすくメモを取れる範囲で活用すると良いでしょう。

リスニング力をさらに鍛えるなら、BBCやCNNなどのニュースを聞くことがおすすめです。

>>英語の略語一覧!ビジネスやSNS、友達同士などで使える表現を一挙紹介

ライティング:幅広いテーマに対応できるよう練習

ライティングは政治や社会問題などについて、意見を述べる必要があり、さまざまなテーマに対応できるように練習することが大切です。

ライティングはとにかく慣れが必要なので、毎日練習しておきましょう。

英検準1級と同じように、型を元に書いていきます。

  • 導入(Introduction):自分の意見を述べる
  • 本文(Main body):理由を2点述べる(根拠や具体例も含めて説明)
  • 結論(Conclusion):自分の意見を再度主張する

書いたエッセイはプロの講師に見せると、言葉選びや構成などのフィードバックがもらえて、より早く上達を目指せます。

スピーキング:引き出しを増やしつつ話す習慣をつける

スピーキングはその場の対応力も求められるので、話題の引き出しを増やしつつ、話す習慣をつけましょう

スピーキングでは2分間のスピーチがあり、テーマは社会問題や時事問題などさまざまです。

英語は話さないでいると発音がしにくくなったり、適切な表現が出てこなくなったりします。

そのため、英語を話すことを習慣化し、すぐに話せる状態にしておくことが大切です。

スピーキング対策は問題集のほかに、日ごろからニュースをチェックして、自分の意見をまとめる練習がおすすめです。

スピーチの構成はライティングと同じように、意見→理由→例→結論を意識しましょう。

スピーキングは自己採点が難しいので、オンライン英会話やコーチングでフィードバックをもらうことがおすすめです。

自分の発音のクセや話の構成、表現など、さまざまな項目から採点してもらうことで上達していけます。

英検1級の対策におすすめの参考書6選

英検1級は専用の参考書で、問題を多くこなすことが合格への近道です。

英検1級の対策におすすめの参考書を6つ紹介します。

  1. 出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX
  2. 2023年度版 英検1級 過去6回全問題集
  3. 英検1級長文読解問題120
  4. 英検1級リスニング問題150
  5. 英検1級最短合格!英作文問題完全制覇
  6. 英検1級面接大特訓

出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX

ジャパンタイムズ出版
¥2,090 (2024/04/14 01:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

『出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX』は、ジャパンタイムズがまとめている単語帳です。

ジャパンタイムズの英検の参考書は、情報量が多く質が良いことで評判です。

過去24回の試験問題から、2,800以上の単語や熟語を出る順にピックアップしています。

単語の例文もあり、単語の使い方も理解しやすくなっているため、迷ったらこの単語帳がおすすめです。

2023年度版 英検1級 過去6回全問題集

英検1級に合格するには、過去問を解くことが大切なので、持っておきたい1冊です。

『2023年度版 英検1級 過去6回全問題集』で最初のレベルチェックをおこない、以後は定期的に解いて問題形式に慣れましょう

試験直前は過去問を中心に勉強し、試験本番に向けて最後の仕上げをおこないます。

英検1級長文読解問題120

『英検1級長文読解問題120』は、過去問とオリジナル問題を収録した問題集です。

長文読解は単語や文法でつまずく箇所がなければ、ひたすら問題を解いていきましょう。

そうすることで、読むスピードと精度が上がっていきます。

『英検1級長文読解問題120』は、難易度の低い問題から挑戦でき、徐々にレベルが上がっていく構成になっています。

そのため、自信をつけながら進めていけることが特徴です。

英検1級リスニング問題150

『英検1級リスニング問題150』は、本番と同じレベルの問題が収録されている問題集です。

リスニングは音声のペースで問題が進んでいくため、解答ペースも合わせる必要があります。

『英検1級リスニング問題150』を使うことで、決められた時間の中で、問題を解く力を鍛えられます。

英検1級最短合格!英作文問題完全制覇

『英検1級最短合格!英作文問題完全制覇』は、国際問題やビジネスなど、幅広いテーマで練習できます

それぞれのテーマで、肯定の模範解答と否定の模範解答が提示されているため、参考にしやすいことが特徴です。

そのほか、エッセイにふさわしい表現や、それぞれのテーマで使いやすい表現も学べます。

『英検1級最短合格!英作文問題完全制覇』の解答にある単語や表現は難しすぎないので、覚えやすくてすぐ使える点がメリットです。

英検1級面接大特訓

¥2,200 (2024/04/14 01:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

『英検1級面接大特訓』は例文やテンプレートが学べて、すぐに使える実践的な参考書です。

解答を丸暗記して、試験に活かすことも可能でしょう。

スピーキングテストでは英語のイントネーションも、採点項目に入っています。

『英検1級面接大特訓』はCDがついているため、シャドーイング練習ができることも特徴です。

英検1級の対策ができるオンライン英会話・英語コーチング

オンライン英会話や英語コーチングサービスは多くありますが、英検1級対策ができるところは限られています。

英検1級対策ができるオンライン英会話やコーチングを2社紹介します。

  1. オンライン英会話『ENC/GNA』
  2. English company大学受験部

オンライン英会話『ENC/GNA』

■公式サイトへ>>

料金(一例)【4技能強化英検合格特訓コース】
月8回:月額9,800円
月20回:月額19,900円
【英検合格サポートコース】
月8回:月額7,900円
月20回:月額12,900円
レッスン数月8回、月20回
講師フィリピン人
無料体験あり
受講方法独自システム
支払い方法口座振込、クレジットカード、自動口座振替
ENC/GNAのおすすめポイント
  • 手ごろな価格で対策ができる
  • 4技能強化できるコースあり

オンライン英会話『ENC/GNA』を利用すれば、月額9,800円から英検1級対策ができます。

月8回コースか月20回コースから選択でき、

  • 普段の試験勉強:月8回コース
  • 試験直前:月20回コース
  • 集中的に対策をしたい:月20回コース

このように希望に合わせて、プランを使い分けられます。

3週間先まで予約が可能で、スケジュールを立てやすいことがメリットです。

対策は4技能すべてに対応しており、総合的に対策をしたい方から苦手分野の克服をしたい方まで、幅広くおすすめできます。

\『ENC/GNA』の無料体験はこちら/

>>【英検対策なら!オンライン英会話『ENC/GNA』】評判・特徴を徹底解説

English company大学受験部

イングリッシュカンパニー大学受験部

■公式サイトへ>>

料金例45分間×48コマ
3ヵ月コース(週2回)=396,000円
(12分割の場合月々35,200円)
6ヵ月コース(週1回)=419,000円
(12分割の場合月々37,125円)
入会金55,000円
指導対象中学~高校生・既卒生
指導内容コーチング
講師プロトレーナー
専用教材オリジナル教材・市販教材
教室東京・銀座、大阪・梅田
オンライン受講あり
English company大学受験部のおすすめポイント
  • 個人に合わせたプランで勉強できる
  • 各種割引制度があり始めやすい

English company大学受験部は、個人のレベルに合わせた学習プランを作成し、最短で目標達成ができるようにサポートします。

レッスン以外の時間は、課題が細かく決められていて、勉強だけに集中できます。

日々の勉強はアプリで管理をし、勉強量が一目で分かるようになっているため、モチベーションの維持がしやすいことも特徴です。

English company大学受験部は、複数の割引を用意しており、紹介や他の塾からの移籍などで適用されます。

分割払いにも対応していて、英語コーチングサービスを始めやすい仕組みが整っています。

コーチのサポートを受けながら、効率良く勉強したい方におすすめです。

\ 『English company大学受験部』の無料体験はこちら /

別サイトの参考記事

>>【取材記事】ENGLISH COMPANY大学受験部とは?評判・口コミも一挙公開

最後に

この記事では、英検1級のレベルや勉強法について解説しました。

英検1級は単語や熟語のレベルが非常に高く、覚える量も多いため、難易度が高くなっています。

ただ、単語をはじめ各分野の対策をしっかりとすれば、合格の可能性を上げられます

くまくん

英検1級はやっぱり難しそう。
独学は不安だな。

このような方はオンライン英会話やコーチングを検討してみてください。

英検1級合格に向けて、勉強を頑張っていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ