ワーホリ保険は必須?留学保険との違いや選び方を解説

ワーホリ保険は必須?留学保険との違いや選び方を解説の画像
  • URLをコピーしました!

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、海外で一定期間働きながら、旅行や語学学習を楽しむことができる制度です。

ワーホリに行く際には、海外旅行保険や海外留学保険への加入がおすすめです。

しかし、ワーホリ保険と留学保険にはどのような違いがあり、どのように選べばいいのでしょうか?

本記事では、ワーホリ保険の必要性や留学保険との違い、補償内容、選び方、加入時の注意点などを解説します。ワーホリを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • ワーホリ保険の必要性や留学保険との違い、補償内容、選び方、加入時の注意点などを詳しく解説

✓この記事の筆者と信頼性

タキ

✓専門商社の海外事業部所属。普段から英語で海外の会社と仕事。
✓教育ブログ歴8年。月々100,000PV。当ブログ管理人
✓8年間様々な学習サービス・教育情報をみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 >>>執筆者リスト

おすすめ関連記事

留学・ワーホリするなら留学エージェントを利用しましょう!この記事では安心してお任せできる留学エージェントを詳しく紹介しています。

>>【留学エージェントおすすめ12社】選び方を経験者が徹底解説

もくじ
今だけ!お得キャンペーン!
kimini英会話キャンペーン

通常、月6,800円Kiminiオンライン英会話が今だけ、なんと『初月999円』で利用できます!

Kiminiオンライン英会話は大手「学研」が運営するオンライン英会話サービスですので、安心して利用できます。

このサイトを来ていただいているということは、英会話にご興味のある方だと思います。

英語学習のアウトプットに試してみてはいかがでしょうか?

10日間無料体験も付いていますので、お試しには最適ですね。

5/20までのキャンペーンですので、お早めに!

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

ワーホリで保険は必要?

ワーキングホリデーは、海外で就労と観光を組み合わせて滞在できる制度です。

自由度の高い制度ですが、海外でのトラブルや事故のリスクも高くなります。

そのため、ワーキングホリデーに行く際には、保険への加入が必須です。

ワーホリ保険の必要性

ワーホリ保険に加入しておくと、以下のような場合に保険金が支払われます。

  • 病気やケガによる医療費
  • 航空機の遅延や欠航による費用
  • 盗難や破損による携行品損害
  • 法律上の賠償責任

ワーホリ保険に加入していない場合、万が一のトラブルや事故の際には、高額な費用を自己負担することになります。

また、入院や手術など、重度のトラブルの場合は、日本に帰国せざるを得なくなる場合もあります。

ワーホリ保険の選び方

ワーホリ保険は、さまざまな保険会社からさまざまなプランが提供されています。

保険を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 補償内容
  • 保険金額
  • 免責金額
  • 保険料

補償内容は、病気やケガの治療費、航空機の遅延や欠航による費用、盗難や破損による携行品損害、法律上の賠償責任など、ワーホリで発生する可能性があるトラブルをカバーできるものを選びましょう。

保険金額は、ワーホリで滞在する期間や、旅行やアクティビティの予定などに合わせて、必要な金額を検討しましょう。

免責金額は、保険金の支払いが開始される前に自己負担する金額です。
免責金額が高いほど、保険料は安くなりますが、自己負担する金額も大きくなります。

保険料は、補償内容や保険金額によって異なります。
予算に合わせて、自分に合ったプランを選びましょう。

ワーキングホリデーに行く際には、保険への加入が必須です。
保険を選ぶ際には、補償内容や保険金額、免責金額、保険料などを比較検討して、自分に合ったプランを選びましょう。

おすすめ!

『オンラインでなく直接レッスンを受けたい!』というあなたには大手英会話教室AEONをおすすめします。全国にありますので公式サイトからご自宅に近い教室の無料体験レッスンを受けてみてくださいね!

AEONトライアル画面

ワーホリ保険と留学保険の違い

ワーホリ保険と留学保険は、どちらも海外に長期滞在する際に加入する保険です。
しかし、両者にはいくつかの違いがあります。

滞在期間

ワーホリ保険の契約期間は、一般的に1年から3年程度です。

一方、留学保険の契約期間は、最短3ヶ月から最長5年程度まで、幅広く設定されています。

補償内容

ワーホリ保険と留学保険の基本補償内容は、海外旅行保険とほぼ同じです。
ただし、ワーホリ保険には、留学保険にはない以下の特約が付帯している場合があります。

  • 留学生賠償責任特約
  • 留学生生活用動産特約
  • 航空機寄託手荷物特約
  • 航空機遅延特約

留学生賠償責任特約は、留学先で他人に損害を与えてしまった場合に適用される補償です。

留学生生活用動産特約は、留学先で生活用品が壊れたり盗まれたりした場合に適用される補償です。

航空機寄託手荷物特約は、航空機の預け入れ荷物が紛失・破損・盗難にあった場合に適用される補償です。

航空機遅延特約は、航空機の遅延や欠航によって損害を受けた場合に適用される補償です。

保険料

ワーホリ保険と留学保険の保険料は、保険会社や補償内容によって異なります。
一般的に、ワーホリ保険は留学保険よりも保険料が高くなります。

どちらの保険を選ぶべきか?

ワーホリ保険と留学保険のどちらを選ぶかは、滞在期間や補償内容を踏まえて検討する必要があります。

滞在期間が1年未満の場合は、ワーホリ保険よりも留学保険の方が保険料を抑えることができます。

ただし、留学保険には留学生賠償責任特約や留学生生活用動産特約が付帯していない場合があるため、注意が必要です。

滞在期間が1年以上の場合は、ワーホリ保険の方が留学保険よりも補償内容が充実しています。

特に、留学生賠償責任特約や留学生生活用動産特約は、長期滞在する際には重要です。

ワーホリ保険と留学保険は、どちらも海外に長期滞在する際に加入する保険です。

両者の違いを理解した上で、自分に合った保険を選ぶことが大切です。

おすすめ!
ECC外語学院の画像

『オンラインではなく直接レッスンが受けたい』というあなたには、ECC外語学院をおすすめします。

大手ECCなら、教室でもオンラインでもどちらでもレッスンを受講できます。

教室は全国に数多くありますので、公式サイトで確認してみてくださいね。

無料体験レッスンは公式サイトから申し込み可能です!

\無料体験はこちら/

ワーホリ保険の補償内容

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、18歳から30歳の若者が、

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • 韓国
  • フランス
  • ドイツ
  • 英国
  • アイルランド
  • デンマーク
  • 台湾
  • 香港
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • ポーランド
  • スロバキア
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • スペイン
  • アルゼンチン
  • チリ
  • アイスランド
  • チェコ
  • リトアニア
  • スウェーデン
  • エストニア
  • オランダ
  • イタリア
  • フィンランド
  • ラトビア

の29か国で、最大1年間の滞在と3か月間の労働が認められている制度です。

ワーホリ中は、病気やケガ、盗難、物損などのトラブルが発生する可能性も高くなります。

そのため、ワーホリ保険に加入しておくことをおすすめします。

ワーホリ保険の基本補償内容

ワーホリ保険の基本補償内容は、以下のとおりです。

  • 傷害死亡・後遺障害:ワーホリ中にケガや事故で亡くなった場合や、後遺障害が残った場合に、保険金が支払われます。
  • 疾病死亡:ワーホリ中に病気で亡くなった場合に、保険金が支払われます。
  • 治療費:ワーホリ中に病気やケガで治療を受けた場合に、治療費が補償されます。
  • 救援者費用:ワーホリ中に病気やケガで入院した場合、家族が現地に駆けつけるための費用が補償されます。
  • 賠償責任:ワーホリ中に他人にケガや損害を与えた場合、その賠償責任が補償されます。

ワーホリ保険のオプション補償内容

ワーホリ保険には、基本補償内容に加えて、以下のオプション補償が用意されています。

  • 携行品損害:ワーホリ中に盗難や破損などの被害を受けた携行品が補償されます。
  • 航空機遅延費用:航空機の遅延や欠航によって発生した費用が補償されます。
  • 航空機寄託手荷物遅延等費用:航空機の寄託手荷物の遅延や紛失によって発生した費用が補償されます。
  • 海外旅行傷害保険:ワーホリ中に旅行中に病気やケガで治療を受けた場合に、治療費が補償されます。
  • 国内旅行傷害保険:ワーホリ中に帰国中に病気やケガで治療を受けた場合に、治療費が補償されます。

ワーホリ保険の選び方

ワーホリ保険を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 補償内容:基本補償内容に加えて、必要なオプション補償を付帯しましょう。
  • 保険金額:治療費や賠償責任などの保険金額は、十分な額を確保しておきましょう。
  • 保険料:保険料は、補償内容や保険金額によって異なります。

ワーホリ保険に加入するメリット

ワーホリ保険に加入するメリットは、以下のとおりです。

  • 万が一のトラブルに備えることができる:ワーホリ中は、病気やケガ、盗難、物損などのトラブルが発生する可能性も高くなります。ワーホリ保険に加入しておけば、万が一のトラブルに備えることができます。
  • 安心してワーホリを楽しむことができる:ワーホリ保険に加入しておけば、万が一のトラブルが発生しても、安心してワーホリを楽しむことができます。

ワーホリを検討している方は、ワーホリ保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ワーホリ保険の選び方

ワーキングホリデー(ワーホリ)で海外に滞在する場合、保険に加入することは必須です。

海外の医療費は高額であるため、万が一の病気やケガに備えて、しっかりと補償内容を確認した上で保険を選びましょう。

ワーホリ保険を選ぶ際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

治療・救援費用の補償額

ワーホリ保険で最も重要なのが、治療・救援費用の補償額です。

海外の医療費は、日本に比べて非常に高額であるため、最低でも1,000万円以上の補償額がおすすめです。

キャッシュレス診療に対応しているか

海外で病気やケガをした場合に、キャッシュレスで診療を受けられるかどうかも重要なポイントです。

キャッシュレス診療に対応している保険会社であれば、保険証を提示するだけで診療を受けられるため、手続きが簡単で安心です。

通訳サービスが付帯しているか

海外で病気やケガをした場合に、通訳サービスが付帯していると、医師とのコミュニケーションがスムーズに進み、適切な治療を受けることができます。

他の補償も充実しているか

治療・救援費用の補償額以外にも、賠償責任や所持品の破損・盗難、携行品遅延等を補償する特約が付帯している保険会社もあります。自分に必要な補償内容をしっかりと確認しましょう。

ワーホリ保険の加入方法

ワーホリ保険は、インターネットや保険会社の窓口で申し込むことができます。

インターネットで申し込む場合は、24時間いつでも申し込みが可能ですが、保険会社の窓口で申し込む場合は、営業時間内に来店する必要があります。

ワーホリ保険の加入時期

ワーホリ保険は、渡航の1ヶ月前までに加入しておくことがおすすめです。

万が一、渡航直前に加入した場合、保険の適用が遅れる場合があるため注意しましょう。

ワーキングホリデーで海外に滞在する場合は、しっかりと保険に加入して、万が一のトラブルに備えましょう。

ワーホリ保険の加入時の注意点

ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)は、18歳以上で就業経験があり、英語力や語学学習意欲のある人が、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、韓国、台湾、香港など29か国で、最大1年間の就労と旅行を兼ねて滞在できる制度です。

ワーホリをする場合、海外旅行保険に加入することは必須です。
海外旅行保険には、病気やケガの治療費や、盗難や紛失の補償など、さまざまな補償が用意されています。

ワーホリ保険の加入時には、以下の点に注意しましょう。

1. 保険期間を十分に確認する

ワーホリは、一般的に1年間の滞在が可能です。

しかし、国によっては、ワーホリビザの取得に、海外旅行保険の加入証明書の提出が求められる場合があります。

そのため、保険期間は、ワーホリビザの取得期間と、滞在予定期間の両方をカバーできるものを選びましょう。

2. 補償内容をしっかり確認する

ワーホリ保険には、さまざまな補償が用意されています。

病気やケガの治療費に加えて、盗難や紛失の補償、携行品損害の補償、賠償責任の補償、帰国費用の補償などがあります。

ワーホリでは、海外での生活や旅行中に、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、万が一の際に備えて、必要な補償をしっかりと確認しておきましょう。

3. 保険会社のサポート体制を確認する

ワーホリでは、海外でのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、万が一の際に、保険会社から迅速かつ適切なサポートを受けられるかどうかを確認しておきましょう。

保険会社のサポート体制は、電話やメールでの対応、海外の病院や警察とのやり取りのサポート、現地の日本語対応スタッフの有無など、さまざまです。

複数の保険会社を比較して、自分に合ったサポート体制の保険を選びましょう。

4. 保険料を比較する

ワーホリ保険の保険料は、保険会社や補償内容によって異なります。

複数の保険会社を比較して、自分に合った保険料の保険を選びましょう。

ワーホリ保険は、ワーホリ中のリスクを軽減するために重要なものです。

上記の注意点を踏まえて、自分に合った保険を選びましょう。

最後に

本記事では、ワーホリ保険の必要性や留学保険との違い、補償内容、選び方、加入時の注意点などを解説しました。

ワーホリ保険は、ワーホリ中の万が一に備えて加入しておきたい保険です。

保険会社やプランによって補償内容や費用が異なるため、自分に合った保険を選ぶことが大切です。

また、保険の加入時には、保険内容や免責事項などをよく確認しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ